読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おてがみ

誰宛でもなく

文化祭の準備をしてほしいジャニーズ6選

 

私の後輩は文化祭の準備で忙しいみたいです。文化祭は当日よりも準備期間が青春って感じで大好きです。そんな青春にジャニーズというスパイス加えてみたかったなァ~~~~~!!!!!!!!(大声)

というわけで、ジャニーズと文化祭の準備したかった願望を妄想で昇華します。ジュニアしかいません。全部妄想で喋ってるので実際と違うところしかないんですけど大目に見てね。加筆やらいろいろ施しました。 

 

 

田中樹くん

ヨッ!クラスのお調子者~~~!クラスの中心になって出し物とか決めてくれる。展示になっても劇になってもクラス引っ張ってくれるから最高。劇になったら「俺?俺なんでもいいわ~」って主役でも余り役でも裏方でもなんでも引き受けてくれる。なんなら女装もする。本番脚ツルッツルで登場する気合の入れ方。青春に全力かけてるその姿が爆モテすぎてつらい。女装してるときに惜しげもなく見せてくる脚が細すぎるので交換してほしい。「脚ほっそ」「だろ(どや顔)」

あと、大道具係になったクラスの地味目な女の子にも「大丈夫?俺それ(段ボール)持つわ」って声掛けて自分の持ってたハサミとガムテをサッと交代してそう。いや樹くんの荷物軽すぎやろ。その女の子絶対田中くんに惚れたからな!!!!チクショウ罪なやつだ!!!!

 

 

萩谷慧悟くん

本命(にっこり)。文化祭のプログラムに組み込まれてるバンドライブの設営してる。音響がどうとか配線がどうとか先頭に立ってみんなを仕切ってる(この時点でかっこいい)。機械が分からない私はチンプンカンプンだけど機械オンチの私にも「マイクスタンド運んでもらえるかな?」とか「ガムテープ持ってきて床に貼るの手伝ってもらおうかな」とか軽めの仕事くれるから優しい。重要な機材は運ぼうとしたら「重いから俺が運ぶよ」って言って運んでくれる。ハイ優しい。惚れる。マイクテストも萩谷くんがやってて「あーあー、あー…ちょっと音上げてー」ってマイク使って指示してくれる姿とか楽器鳴るかチェックするときに試しに叩いたり弾いたりしてる姿に軽率に惚れる。その流れで周りから乗せられて、少しだけドラム叩いてくれるんだけどそれがしぬほどかっこいい。同じ設営係でよかった。生きててよかった・・・設営スタッフだけが着れる黒のTシャツも似合っててあーーーーーーー(昇天)ってなりたい。

 

 

阿部亮平くん

文化祭の役員だからクラスにあんまり顔出せない。だから劇だったら前に出るような役回りはなくて裏方にまわりがち。役貰えても通行人Aとか。いつもクラスにいないから男子からサボり疑惑まで出てて、阿部くん絶対そんなことしないのについそれに流されそうになっちゃってたけど、ある時準備のために材料運んでたらファイル片手にぱたぱた忙しそうに走り回る阿部くんを見かける。誰だよサボり疑惑出したの。見るからに忙しそうじゃん。それで数日後疲れてるのか俯きながらとぼとぼ歩く阿部くんに「阿部くんお疲れ様~」って声掛けたらバッて顔上げて、キラキラした目で「あっ…ありがとう!!!」って言われたい。そこから仲良くなる夏in20xx。つーか誰だよサボり疑惑出したのぶっ飛ばすぞ。

 

 

森田美勇人くん

背景塗るの下手そう(失礼)。何回も絵の具が枠からはみ出しちゃって「あっwwちが、どうしようこれww」ってわたわたしててほしい。アホみたいに塗り間違うけど背景塗ってる時の眼差しが真剣だから憎めない。クラスの美勇人くんはネタ要員だから女装とか軽率にさせられる。やだやだ言うけど本番はノリノリ。よくわからない。あと本番中に美勇人くんに台本にないドッキリとか仕掛けちゃって、美勇人くん絶叫しちゃうから声の大きさ130dbはいく(確信) お昼休みはクラスでジャンケンして負けたからさなぴー先輩と同じ学年の大我くんと焼きそば焼いてる。首に白タオルかけて黒Tシャツ腕まくりして麺ひっくり返しててはぁ好き……。いつまでも働かない大我くんに「手伝えよ!!まず椅子から立て!!くつろぐなよ!!!」ってピーピー文句言ってる。カワイイ。

 

渡辺翔太くん

渡辺翔太くんの記事をひとつでも書きたかったからこれを書いています。作業中に汚れたくないからいっつもジャージ腰パンしてだるそうに着てるような人。劇とかで主役薦められるけど「えー俺ぇ?だる~」って言って断ってる。パリピだからしょうがないね(適当) スクールカースト最上位にいるような女子たちと大道具の背景塗ってるけどペチャクチャ喋りすぎて進んでないパターンのやつ。よく深澤くんに怒られてるのを見る。文化祭準備に積極的に交わってこなかったけど、なんやかんや言って皆で青春してる感じが楽しくなっちゃって、下校時間ぎりぎりまで無駄に残っちゃうタイプだと可愛い。文化祭準備ろくに関わってないけど。 文化祭当日に隣のクラスの宮舘くんが主役で活躍してていろんな人から歓声もらってる姿にどっかもやもやしてたら可愛いし、文化祭の次の日に行われる体育祭でもやもやを晴らすかのようにがっつり活躍してるから最高。だてなべ騎馬戦とかなかったんスか?その映像よこせよ(チンピラ)

 

 

岸優太くん

段ボールの作業似合いそう(偏見) 個人的には二人で買出しに行きたい。女子と話すとよそよそしくなる岸くんに「何いるの?」「ガムテープとカラースプレーっスかね…」って敬語混じりに返されたい。「ふうん、あ、ガムテープあった」「あっ、あの、カラースプレーこれっスかね…?」「岸くんそれ制汗スプレー……」「アッ…ウッス……」 おっちょこちょいな岸くんだけど帰り際に缶のサイダー奢ってくれそう。「えっそんな、いいよ」って断っても「俺が奢りたいだけなんで!!!」って押しつけてくるし(好き)、「ごめんね、ありがとう」ってお礼言ったら「大丈夫ッス!あっ、でも、クラスのやつらにバレたらめんどくせーから秘密にしといて」ってクフフって笑ってくれる(好き)。

 

 

 

こんな青春したかったなあ。おわり。

PrincePrincessにやられた話

 

Princeにやられた。

 

Prince Princessが良曲すぎて昨日からずっと魂抜けてる。

白スーツ×スタンドマイクのパフォーマンス、優しい曲調なのに耳に残るメロディーライン、励ましてくれるような前を向いていけるような歌詞に全てを持っていかれた。

優太王子と勇太王子と玄樹王子(姫)の王位継承を目の当たりにしたみたいな、そんな感じ。思わずテレビの前でひれ伏した。

 

Princeでは岸くんを推している私としてはもうなんか岸くんがヤバい。死ぬほどヤバイ。語彙力5歳児になるくらい岸くんがヤバかった。

個人的には

 
f:id:idoltoidol:20160804001437j:image
f:id:idoltoidol:20160804001404j:image
f:id:idoltoidol:20160804001353j:image

ここがやばすぎてやられた。

まさにPrinceですありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

って感じだ。 

この岸くんがまとった愛おしそうで脆くて優しさのある雰囲気がもう爆イケ王子すぎてしんどい。KING OF PRINCE 岸優太。あとバックについてるジュニアくんたちが妖精を錯覚させるようだった。アクロバットちょいちょいしてるけどそれもふぇあり~に見えてきた。

もうああいうザ・王子様な感じ大ッッ好きなんだ……テーマがKINGでトップバッターがOH!サマーKING(王)なのに、ラストにPrincePrincess(王子と姫)をもってくる構成力………同じキラキラ王子様なのに全く違う方向性で攻めてきたKINGとPrince………ザ少年倶楽部様様だ………ありがとう少クラ、本当にありがとう少クラ………アーメン††

 

そして今日。

朝起きた私「PrincePrincessが素晴らしかった世界おはよう」

外出中の私「ああ!!!!!!!!PrincePrincess聴きたい!!!!!!!!!!おうち帰りたい!!!!!!!!!!!!!!誰もがこの星の大切なPrincePrincess!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ああ!!!!!!!!!!!!」

勉強中の私「PrincePrincess…………うっ………………おうちに帰ったらPrincePrincessが待ってる………………」

終始こんな感じで今日喋った中の8割はPrincePrincessのことしか言ってない始末。

 

そして姉(非オタ)に朝っぱらから少クラを見せつけ「この曲本当にやばい」「岸くんがやばい」「ねえ見てこれやばいって………」と抽象的にヤバさを語りまくる私、きちんとそれに付き合ってくれる姉。ありがとう。岸くんかっこいいよな。わかる。そんな姉は松村北斗くんがお気に召したようです。

 

 

※健人くん公演のネタバレ少し入ります、必死に回避してる方はごめんなさい

 これでキャッキャしてたらなんと中島健人氏のコンサートで岸ソロとしてPrincePrincessやったらしいじゃないすか~~~~!?!?どうした岸くん………もっとやって……………あわよくばひとりでも披露して………………

 

なんかもうこの曲に関しては神宮寺くんの『Hold me  Love me  Kiss me』パートと岩橋くんのソロパートや終始甘くもあり爽やかでもある笑顔など王子的要素がドロッドロに溶けだしてて興奮してるんですけど、岸くんがダントツやばいのでこれからもバシバシ披露していってほしいです。

全世界の女の子がプリンセスになれる1曲でした。

わたしはプリンセスというよりか猛獣みたいになってしまったがそれはそれでいいだろう。

もっと披露してくれよな††頼む††

萩谷くんを好きになる過程の話

 
 
はぎやくんのお顔めっちゃ可愛い
 
 
というツイートが6/6の8:30になされていた。
 
私のTwitterはフォロワーさんが少ない。
そもそも万年鍵垢マンだし、(そのせいかは知らないけど)このブログへのツイートの引用ができないし、何より朝っぱらだから、このツイートを見た人そんないないんじゃないか。
でも、プラマイどちらに転んでもいいから、思ったことをそのままつぶやく、がポリシーだからか、直感的に“ああ萩谷くん可愛いな”って思った記録を残していた自分がいた。
 
その日は平日だった。けれどいろいろあって学校を休んでしまった。
朝からクソ暇でしょうがなかったから、録画してた過去の少クラを見ていた。
何かの回のはぎやくんの顔がめっちゃ可愛かった、なんだっけ、何の回かは覚えてないけど。
 
アイドルを好きになる要因は人それぞれだ。歌が好みだとかテレビで披露してたダンスが素敵だったとか、バラエティのわちゃわちゃが面白いだとか。
わたしはアイドル=顔だと思っている節があるから、案の定、好みの顔だなあ…という感想を抱いた。
で、名前のテロップを見て、そうかそうか萩谷慧悟って言うのか、かっこいいし可愛いな、伊野尾慧くんの慧と字一緒だ、とぼんやり思っていた。気がする。
 
この日から“はぎやくん”は気になる存在、として心の片隅に残しておいた。
 
 
そして、その日からちょっと過ぎたくらいにあった少クラ生放送。もちろん見た。
担当の神山くんとはぎやくんが同じチームだったから、テレビの前で奇声を上げた。すごく嬉しかった。いつ見てもかっこいい人だなあ、とまた思った。
そして中盤にはぎやくんがいじられていた。安井くんが過保護でオチをつけて、無責任選ばれて「よかったでぇす!!!」って言ってるのが微笑ましかった。
カメラにめっちゃ抜かれてて嬉しかったし、何より帽子とステッキが似合っている。可愛い!!!!すごい可愛い!!!!!!!!
 
そしてその日から2日後、ジャニショにてLove-tuneのお写真を買った。1枚。初めてジュニアくんのお写真を買ったので記念になった。(ちなみにきしいわの写真も買った)
 
 
そしてつい最近の塚ちゃん濵ちゃんの突撃楽屋訪問を見た。Love-tune4人。私の中で1番アツいジュニアくんがタイムリーでコーナーに出ていたのだ。
イントロドン、硝子の少年を当てたはぎやくん。きらきらした目と顔、頭をドラムのスティックで殴られた感じがした(ドラム仕様)。
 
何あれ?めっっっっっっっっ………ちゃ可愛いやん?
 
パフォーマンスではゴリゴリ踊ったりドラムを叩いたりしてるのに普段はそんなことなさそうなそのギャップが好きだ。
程よい細さと長さの脚、あとめちゃくちゃに綺麗な顔、あと細い首がやっぱりどストライクだった。いつも思うけどはぎやくんって肌がなめらかそうだよね。最高
 
もともとはぎやくんの印象は「うわ、この人すごい首傾げるな…」だった。
これは、NEWSのチェリッシュ。ジュニアくんたちがたくさん出てきてみんなで歌ったアレでの印象。
私はあの曲が大好きで、今みたいにジュニアくんを意識して見ていないときに、はぎやくんを見てぼんやり思った事だった。
すごいキメた顔で首ギュンって傾げながら歌うところをカメラに抜かれてるから、そのときはすげえ子だ…袖なし似合わないな…としか思ってなかった。ごめんな。似合ってるよ。
 
ぶっちゃけまだあの時は、はぎやくんより森田美勇人くんのあのミステリアスな雰囲気の方になんとなく惹かれていた。だから今でもみゅうとくんのあのすら~~っとした体型とキレのあるガシガシしたダンス、あとなかなか光の灯らないあの瞳には目がない。なのに、ミステリアスと見せかけてのポンコツみが好き。
でも担当にするの?と言われればなんだか違う。担当にするのならはぎやくんだった。みゅうと推しのはぎや担、そんな感じだ。最初好きかも、って思ってた人とは違う人を最終的に推すようになる。にんげん(わたし)ってふしぎだなあ(?)
 
そして今はBBJもTHE QUIZも見て、SHARK2を見勧めてるところ。チャラいホストヤンキーも冷酷な天才もどっちも大好きです。SHARK2は途中までしか見てないけれど、平和主義のはるやくんが何も言わなくて言えなくてせつなくてしんどい。あとプリンめっちゃ抱えるところは見ていていつも可哀想になるからあのシーンは好きじゃない。ライブのときは編みこみしてるのは鬼クソかわいい
 
 
 
これが私の、ひとりの人物に堕ちていく過程である。ここまできてはぎやくんに堕ちてないとか言えない。完全に堕ちた。堕ちたのだ。萩谷慧悟という人に。
 
そんなこんなで、わたしははぎやくん担になった。でも、普段ボキャ貧で「最高」「可愛い」「かっこいい」「待って」しか言わないようなわたしが萩谷くんの担当、と呼ぶにはおこがましいも程があるから、はぎやくん推し、とかにしておこう。
 
らぶとぅん並びにはぎや担の皆様、どうぞお手柔らかにお願いします。